焙煎(ロースト)段階
浅煎り
中煎り
中深煎り
深煎り
ライト
シナモン
ミディアム
ハイ
シティ
フルシティ
フレンチ
イタリアン
もっとも浅い炒り方。コク、香りとも不十分。
コーヒーの酸味を強く感じるロースト。
シナモン色、香味は豆の個性というよりは炒りの浅い香味。
苦味より酸味を感じる。
このぐらいから口当たりが柔らかくなってくる。
苦味と酸味が同居した状態。
少しコクがあり、まろやかであるが酸味も感じる。味の質が爽やかでおすすめ。
コクがあり、やわらかな苦味もある。
なめらかなコクの出る状態で、ハイローストとともにおすすめ。
バランスの取れた力強さが感じられる。
充分なコクがある。
シティと比べると、苦味が強調されるが、コクの質感が変わり、しっかりした香味がでてくる。
豆の色は黒っぽくなり、外側に脂肪分が出てくるようになる。苦味の質は重いが、柔らかい。
カフェオレ、ウィンナーコーヒー向き。
苦味の質が強く刺激的となり、舌に残るようになる。