コーヒー豆一覧
コーヒー器具
焙煎度合でコーヒー選択
産地でコーヒー選択
コーヒーの選び方が
  ワカラナイ場合はこちら
 コーヒー基礎講座
プレミアムコーヒー豆と
 スタンダードコーヒー豆の違い
焙煎(豆の焼き方)の違い
コーヒー豆の挽き方の違い
 オフィス業務用コーヒー
業務用コーヒー
 
 メルマガ・煎り人通信
メルマガ会員限定のお得なセールもあります! 
 
 珈琲倶楽部
〒763-0051
丸亀市今津町259-10
TEL 0877-24-5925
FAX 0877-24-5926
mail info@0024coffee.com
コーヒー教室

■ 手挽きコーヒーミル プジョーノスタルジー 
プジョーノスタルジー コーヒーミル(ブラウン・ナチュラル・ブラック)
ブラウンは、1920年頃製造されていたクラシックモデルの復刻版で、粗さ調節も昔ながらのシャフト軸ピン方式です。

コンテナパウダー量(1回で挽ける量):約25g
重量:約665g
サイズ:幅13cm、奥行13cm、高さ21cm
原産国:フランス


プジョーといえば、今は自動車が一番有名ですが、もともとは水車小屋から始まりました。
金属加工の工場をつくり、斧、のこぎりの刃、カンナなどの大工道具、カミソリ刃、クワ、アイススケートのブレードなど、生活に必要なありとあらゆる道具を手がけ、その中の一つとして、1840年にコーヒーミルが誕生しました。
つまり、プジョーのコーヒーミルの歴史は、実は、有名な自動車より40年余りも古いのです!
自動車生産開始が1882年ですから、コーヒーミルは160年以上の歴史があります。
そのため、プジョーのコーヒーミルは、グラインダーの原点とも言われています。
飽きのこないアンティークなデザイン性とともに、刃の耐久性が非常に優れており、長い歴史に培われた精密な技術が受け継がれています。
現時点において、日本国内で販売されている手挽きコーヒーミルでは最高の逸品です!
※只今、もれなくコーヒー豆(100g袋)のおまけ付!!
■プジョーノスタルジー手挽きコーヒーミル
 単価 19440円(税込)  購入数
 色 ※ブラックは4月13日に再入荷予定

 

 簡易手挽きミルはこちら…

 
   
(C)Copyrights 2002-2016 珈琲倶楽部 All rights reserved